シミウスを1ヶ月使ったらスゴかった

シミウスの混合肌

\今なら20%OFF/


公式サイトはこちら

http://www.mebiusseiyaku.co.jp/



【ママ必見】スキンケアの時間がない時の解決策!

 

育児中のママは、毎日が時間との闘い。
そんなママたちの、「スキンケア」と「時間」の問題、解決策をご提案します。

 

1. 育児に追われる日常

「自分の時間がない」などという甘いものではなく、歯はいつ磨けば良いのでしょうか?気づけば3日も髪の毛洗ってない!トイレもドアを開けたまま大わらわで済ます日々…。
そんな戦士たちに、充分なスキンケアの時間などあるわけがありません。

 

しかし、妊娠・出産・授乳などを経るにしたがい、女性の体内ホルモンバランスは激動。シミが増えたり、濃くなったり、乾燥が激しくなったりと、通常以上に丁寧なケアをしてあげたいピンチ状態。

 

もうジレンマですよね。「妊娠前は私だってそれなりにこだわって化粧品もライン使いしてたのに!」「子供が大きくなった時、少しでも若くキレイなママでいたい!」もう叫びたい事てんこ盛りです。

 

2. メイクをシンプルにしよう

スキンケアについて考える前に、まずは外出時のメイクをシンプルにしてみましょう。
下地、コンシーラー、ファンデーション、ハイライトとチークも入れて、アイメイクもモリモリ…これではメイクオフにかかる時間も長くなり、肌にも負担をかけてしまいます。

 

特別なイベントなどには良いかもしれませんが、普段子供と生活する上ではちょっと重いかも。
思い切ってBBやCC、フェイスパウダーのみでベースメイクを仕上げてみては。クレンジングにかかる時間も短縮できる上、肌にも優しいので、長期的に見て肌状態を改善できるでしょう。

 

3. スキンケアは基本を忘れず、かつ臨機応変に

さて問題のスキンケア。
まずは「これが私のスタンダード!」というスキンケアラインは常にキープ。化粧水、美容液、乳液、クリーム…(妊娠前からお気に入りのラインでも良いし、産後肌質が変わって合わなくなったなら皮膚科に相談するのも手です。)
そして、家庭が平和な日は、幸せな気持ちでフルラインのお手入れを心ゆくまでどうぞ。
でも、足にしがみついて駄々をこねる人たちを華麗にスルーしながら顔に塗れるモノは、せいぜい1種類が関の山。

 

そんな時はオールインワンゲルを塗るという方も多いですね。もちろんそれも良いでしょう。
もう1つお勧めは、お風呂上がりに子供の身体を保湿する際、その保湿剤を自分の顔にも塗ってしまうというやり方です。特に医院で処方箋を書いてもらう医薬品レベルの保湿剤が頼

 

りになります。赤ちゃんにも使える処方だから、敏感肌の女性にもうってつけ。最悪、その後何もできずにダダーっと子供の添い寝になだれ込み、勢いで朝まで寝てしまったとしても、意外と肌の調子は良かったりします。
時間や心に余裕のある時用のアイテムと、戦争真っ只中の時に一点投入するアイテムを並べておき、臨機応変に使い分けられれば、少し安心して鏡を見られるようになるかもしれませんね。

\期間限定20%OFF/


シミウス公式サイトはこちら

http://www.mebiusseiyaku.co.jp/


シミウス使ってみました

シミウス体験写真画像

>>【私が公開】体験レビューはこちらから