シミウスを1ヶ月使ったらスゴかった

シミウスの混合肌

\今なら20%OFF/


公式サイトはこちら

http://www.mebiusseiyaku.co.jp/



【ほうれい線とシミウス】本当に消せるの?

ほうれい線にシミウスが効くって話がありますが、真相はどうなのか?
シミウスの成分とほうれい線の原因について考察しました。

 

・結論
シミウスには、高い保湿成分が配合されていて、皮膚の乾燥を防ぎ、潤いを与えてくれます。

 

・理由
ほうれい線の原因は、肌の乾燥とたるみにあります。
肌の乾燥を防ぐことはたるみ予防にもなり、ほうれい線を予防、改善につながります。

 

・まとめ
ほうれい線の原因となる肌の乾燥とたるみには、肌を保湿することが必要です。
シミウスには、高い保湿成分が含まれているので、皮膚の乾燥を防いで潤いを与えてくれる効果があります。

 

・コラム

 

<シミウスについて>
シミウスとは、背中ニキビをケアするために開発された美肌ジェルです。
ニキビケア用の美肌ジェルですが、背中だけでなく、顔や腕、デコルテなどの全身にも使うことができます。

 

高い保湿成分と洗浄効果、美白効果のあるシミウスは、肌をひきしめ、皮膚に潤いを与えて乾燥を防ぐ効果があります。
具体的にどのような成分が含まれているのか見ていきましょう。

 

 

・保湿成分
シミウスには、アクシア−トリプルヒアルロン酸という独自成分が配合されています。
アクシア−トリプルヒアルロン酸には、ヒアルロン酸、スーパーヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸の3種類の大きさの異なるヒアルロン酸が含まれています。
3種類のヒアルロン酸は、それぞれどのような働きをするのでしょうか。

 

・ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は、高い保湿効果があります。
肌のバリア機能を助けて、潤いを肌に閉じ込める役割をしてくれます。

 

・スーパーヒアルロン酸
スーパーヒアルロン酸は、分子量がヒアルロン酸より少なくて粘度が低いのが特長です。
水分を保持する能力にすぐれているので、肌表面を潤し、空気中の湿度に左右されずに肌の水分量を一定に保ってくれる働きがあります。

 

・加水ヒアルロン酸
加水分解ヒアルロン酸は、スーパーヒアルロン酸よりさらに分子量が少なく、粘性が低く粒子が細かい成分です。
超低分子なので、しっかり角質層の奥まで浸透して水分を保ってくれる働きがあります。

 

・ナノセラミド
シミウスには高い保湿効果のあるアクシア−トリプルヒアルロン酸だけでなく、ナノセラミドという成分も含まれています。
ナノセラミドは、この3種類のヒアルロン酸の肌への浸透を高めてくれます。

 

・油分のバランス
肌が乾燥すると、水分と油分のバランスが悪くなり、油分が足りないために水分が蒸発してまい、また乾燥してしまいます。

 

シミウスは、肌の水分と油分のバランスに注目し、”ビサボロール”という油分を絶妙なバランスで配合。
油分が水分を守って乾燥を防ぎます。

 

 

・洗浄効果
毛穴の黒ずみ、目立ち、乱れを防いで肌を清浄してくれる、グリチルリチン酸2、アーチチョークエキス、スターフルーツ葉エキスを配合しています。

 

・美白効果
”プラセンタエキス”は、メラニンの生成を抑制してシミ、そばかすを防いでくれます。
3−0エチルアルコルビン酸、プルーン酵素エキスも美肌効果のある成分として含まれています。

 

・におい
パラベン、アルコール、着色料、合成香料、鉱物油を含んでいない無添加ジェルです。
リラックスできる柑橘系の香りで、ベルガモット、グレープフルーツ、ラベンダー、ローズマリーの香り成分が配合されています。

 

 

<ほうれい線にシミウス>
ほうれい線の原因は、肌の乾燥とたるみにあります。

 

肌が乾燥すると、小ジワが作られて、口元や目元などのよく動く部分に大きなシワが作られていきます。
小ジワとは、乾燥した肌にできる、浅く細かいシワのことで、皮膚の表皮の一番外側にある角層に出来ます。

 

また、肌の表皮の水分が失われていると、その下の層である真皮にもダメージを与え、たるみとなり、小ジワがほうれい線に進行してしまいます。

 

そこで、高い保湿成分を含むシミウスです。
シミウスには3種類のヒアルロン酸とその浸透を助けるナノセラミドが配合されていますので、皮膚の乾燥を防ぎ、潤いを与えてくれます。
ほうれい線の原因である、肌の乾燥を防いでくれるのです。

 

シミウスには、高い保湿成分だけでなく、洗浄効果や美白効果があるのも嬉しいですよね。

\期間限定20%OFF/


シミウス公式サイトはこちら

http://www.mebiusseiyaku.co.jp/


シミウス使ってみました

シミウス体験写真画像

>>【私が公開】体験レビューはこちらから


【ほうれい線とシミウス】本当に消せるの?記事一覧

・結論痩せたらほうれい線が濃くなることがあります。・理由急激なダイエットをして栄養が不足したり、急に皮下脂肪が減ることによって皮膚がたるみ、ほうれい線が濃くなります。・まとめ痩せたらほうれい線が濃くなる原因は、急激なダイエットが主な原因です。極端な食事制限による栄養不足や、急な皮下脂肪の減少は皮膚のたるみの原因となり、ほうれい線が濃くなります。・コラム痩せたら必ずほうれい線が濃くなるわけではありま...

・結論美顔器は、ほうれい線を消すために効果的です。・理由ほうれい線は、肌の乾燥やコラーゲンの減少などによる肌の張り不足に主な原因があります。美顔器を使って肌をしっかりケアしてあげることで、ほうれい線にも効果があります。・まとめ美顔器を使って肌のケアをしっかり行うことは、ほうれい線の原因である肌の乾燥や張りに効果があります。ほうれい線を消すために、美顔器を使って肌をケアすることは有効なことなのです。...

結論頬や舌の筋肉運動は、ほうれい線を消すのに効果的な方法です。・理由ほうれい線ができる原因の一つは、顔の筋肉が衰えることによるたるみです。顔の筋肉を鍛えると、たるみを解消してほうれい線を目立たなくすることが期待できます。・まとめ顔の筋肉がおとろえてたるむことは、ほうれい線ができる原因の一つです。ほうれい線を消すために、頬や舌の筋肉運動をして、顔の筋肉を鍛えましょう。・コラムほうれい線ができる原因の...

・結論太ったら、人によってほうれい線がくっきり出る人、消える人、どちらもいます。・理由太ってシワが一時的に伸ばされて消えることもあれば、むくんだり、太ったまま歳をとってたるんだりして、ほうれい線が目立ってしまうこともあります。・まとめ太ったことでクッキリほうれい線が出てしまうことも、逆に消えることも人によってどちらもあります。しかし、長い目で見ると太ったままでいることは良くありません。顔の筋肉を鍛...

・結論ほうれい線を消す効果のあるコスメを選ぶポイントは、肌の張りに効果のある成分を含むこと、高保湿の成分を含むことの2つです。・理由ほうれい線の原因は、肌の弾力の低下と、肌の乾燥にあります。この2つに働きかける成分が含まれるコスメを使うことは、ほうれい線を消すための対策の一つです。・まとめほうれい線を消すためには、 肌の張りに効果がある成分と、高保湿の成分を含むコスメをおすすめします。ほうれい線の...

・結論ヒアルロン酸は高い保湿力があり、肌の弾力や潤いを保ってくれるので、ほうれい線を目立たなくするには重要な成分です。・理由ヒアルロン酸は、もともと体内に存在している成分で、皮膚には、表皮の下の真皮に存在しています。コラーゲンやエラスチンのすき間を満たしているヒアルロン酸が減少すると、コラーゲンの変質やエラスチンの減少や、保湿力が低下することで、肌の弾力や張りが失われてほうれい線が目立っていきます...

・結論男性の肌は女性よりも強くて皮脂の量も多いですが、ほうれい線ができやすい原因があります。・理由紫外線、タバコ、ヒゲ剃り、ストレス、猫背や肩こりは、血行を悪くするなどして肌に悪い影響を与え、ほうれい線ができやすい原因となります。・まとめ男性のほうれい線ができやすい原因は、紫外線、タバコ、ヒゲ剃り、ストレス、猫背や肩こりです。禁煙、ヒゲ剃りのときに保湿する、姿勢を正しくして血行を良くするなどをして...

・結論光をうまく利用して、化粧でほうれい線を目立たなくすることができます。・理由まずは肌を乾燥させないように、正しく洗顔して、化粧前にしっかり保湿します。リキッドやクリームファンデーションを利用して、ツヤ肌を作ってほうれい線を目立たなくします。明るめのコンシーラーも光の効果で目立たなくします。・まとめ肌の乾燥はほうれい線の大敵ですので、化粧前はしっかり保湿しましょう。リキッドやクリームファンデーシ...

・結論若くても生活習慣によってほうれい線はできます。・理由肌の乾燥、紫外線、急なダイエットや猫背、肩こり、会話不足は、肌の張りや表情筋を衰えさせてほうれい線が目立つ原因となります。・まとめ若くても、肌の乾燥や急なダイエット、スマホなどによる猫背や肩こり、会話不足などによって、肌の張りや表情筋が衰え、ほうれい線ができます。放っておくと、どんどん深くなっていき、老けた印象になります。・コラム若くてもほ...